ニキビ化粧品にも含まれるアルコール!ニキビにOK?NG?

ニキビ化粧品にも含まれるアルコール!ニキビにOK?NG?

SPONSORED LINK

ニキビに悩む方は、アルコール入り化粧品を避ける方が多いと思いますが、一方でアルコール消毒をするとニキビが治るという情報もあります。

 

結局ニキビに良いのか悪いのか判断がつかず、化粧品選びに迷ってしまいますよね。そこで、いつも通っている皮膚科の先生にアルコールとニキビの関係を聞いてみることにしました。

 

結論から言うと、アルコール入り化粧品の全てが悪いわけではありません。しかし消毒でニキビが治ることはなく、むしろ悪化する可能性があるとのことでした。

 

今回は皮膚科の先生の話を元に、ニキビ肌でも使えるアルコールと消毒がニキビに有効ではない理由について紹介します。

アルコール入り化粧品の全てが悪いわけではない

化粧水の質感はさっぱり系としっとり系に分けることができ、さっぱり系の化粧水で清涼感を感じるのはアルコールが使われているからです。オイリー肌でニキビができる方の場合、しっとり系の化粧水が重く感じることがあり、さっぱり系を使う方もいるでしょう。

 

清涼感を出すためのアルコールは、化粧品の成分名では「エタノール」と表記されています。エタノールは揮発性の液体なので、熱を加えなくても液体は気体として蒸発するのが特徴です。

乾燥が原因の大人ニキビには向いていない

ニキビにアルコール入り化粧品が良くないと言われるのは、揮発性であることが関係しています。アルコールが蒸発する時、水分も一緒に蒸発して肌の水分を奪ってしまうため良くないのです。

 

大人ニキビの大きな原因である乾燥は、肌のバリア機能が低下した状態です。バリア機能が低下した肌は何らかの原因で皮脂膜が薄くなり、肌内部の水分が蒸散しているので乾燥しています。乾燥している肌にアルコール入り化粧品を使うと、追い打ちをかけるように肌の水分は奪われるためニキビが悪化する可能性があるのです。

 

乾燥による大人ニキビの方は、乾燥がひどくなり、ヒリヒリ感が増す可能性があるので避けた方が良いでしょう。

思春期ニキビ、オイリー肌ニキビは使い過ぎに注意

思春期ニキビやオイリー肌でニキビができる方の場合、皮脂でべたつくことが多いのでアルコールの清涼感が心地よく感じます。多少肌の水分が奪われても刺激を感じることはなく、アルコール入り化粧品を使用しても問題ありません。

 

ただ、オイリー肌の原因が乾燥が進んだことによるものだとすると、アルコール入り化粧品の使い過ぎが原因の一つである可能性はあります。水分がどんどん蒸散し、肌を乾燥から守るために皮脂が過剰分泌するので使いすぎには注意が必要です。

 

思春期ニキビやオイリー肌ニキビであっても保湿は欠かせません。アルコール入り化粧品を使用しても保湿は行うようにしましょう。

アルコールの種類によっては乾燥による大人ニキビでもOK

アルコールは化粧水の清涼感を出すだけに用いられているように思いますが、そうではありません。他にも、乳化剤や防腐剤・殺菌剤、製品の固形化や粘性を高める目的で使用されることがあります

 

この場合、エタノールと表記されていることはありません。成分名では次のように表記されています。

  • 乳化剤:イソステアリルアルコール
  • 防腐剤・殺菌剤:フェノキシエタノール
  • 固形化・粘性:セチルアルコール(セタノール)、ベヘニルアルコール、ステアリルアルコール

同じアルコールの仲間ではありますが、エタノールとは性質が違います。化粧品の使用感や成分の混ざりを良くするために必要なものなので、しっとり系の化粧水にも配合されています。

 

私は普段、しっとり系のニキビ肌用化粧水を使用していますが、その中にもフェノキシエタノールが配合されています。特に刺激を感じることなく使えているので、全てのアルコールがニキビを悪化させるわけではないことが分かります。

 

ニキビ肌で一番注意しなければいけないのはエタノールということですね。

 

ニキビにアルコール消毒はOK?NG?

アルコールの一つであるエタノールは傷の消毒にも使用され、傷口につけるとスッとした清涼感と共に殺菌効果があります。そのため、アクネ菌の殺菌にも役立つのでは?と考える方もいるようです。

 

ネット上ではニキビにアルコール消毒液を綿棒で塗ると治る、顔を拭くとアクネ菌が殺菌されるという情報を見かけます。アルコール消毒液でアクネ菌が殺菌できるなら、皮膚科に通わずともニキビが治るのではないか?と私は考えました。

 

効果があるならやってみたい気持ちになり、皮膚科の先生にアルコール消毒でニキビが治るのか聞いてみましたが、「止めた方が良い」との返答を頂きました

 

次のような理由からおすすめできないそうです。

  • アルコール消毒液でかぶれる人がいるから誰でもできるわけではない。
  • 炎症部分にしみる可能性がある。
  • 揮発性があるため、乾燥がひどくなる。

アルコール消毒液には殺菌作用があるため、炎症を起こしたニキビを緩和する作用は期待できるそうですが、それよりもリスクの方が高いということでした。特に乾燥による大人ニキビの場合、絶対に使用しない方が良いそうです。

アルコール消毒よりも抗生物質の外用薬の方が良い

ニキビができるとアクネ菌が悪者のように思ってしまいますが、皮膚の常在菌であるため増殖しなければニキビはできません。ニキビができない方の肌にも存在し、肌を正常に保つために役立っています。

 

ニキビが炎症を起こすのはアクネ菌が増殖している状態で、正常な肌ではありません。殺菌しなければならないほどの状態なら、アクネ菌を適応菌種とする外用抗菌薬や抗生物質を用いた方が治療効果は高いそうです。

 

アルコール消毒液に殺菌作用はありますが、決して安全とは言えず、治療法としては推奨されていません。アクネ菌を殺菌したいと考えているなら、まずは皮膚科で抗菌薬を処方してもらうことが一番でしょう。自己流ケアでニキビを悪化させるよりは皮膚科を受診することをおすすめします。

このページの先頭へ戻る