大人ニキビにイオン導入が効果のある理由と皮膚科での治療の進め方

大人ニキビにイオン導入が効果のある理由と皮膚科での治療の進め方

SPONSORED LINK

大人ニキビにイオン導入が効果のある理由と皮膚科での治療の進め方

 

ニキビのスキンケアと合わせて、皮膚科でのニキビ治療も行っている私ですが、当然?のようにイオン導入もしています。

 

大人ニキビはしつこく繰り返すので、私のように皮膚科や美容皮膚科に駆け込む人も多いと思いますが、一般的にクリニックでの大人ニキビの治療は、最初に保険適応である内服薬や外用薬が処方され、その上でイオン導入をすすめられます。

 

イオン導入は保険適応外なので、施術を受ける分だけ費用がかさむというデメリットがあり、施術を受けて満足のいく結果を得られれば良いのですが、人によっては不満足な結果に終わることもあるかもしれません。

 

今回は、大人ニキビの治療で勧められることの多いイオン導入の効果や治療の流れ、受ける前に知っておいてほしいことについて紹介します。イオン導入を検討している方は参考にしてみて下さいね。

 

(written by 管理人ゆき/30代/敏感肌)

イオン導入の大人ニキビへの効果

大人ニキビの治療で行われるイオン導入では、導入剤として、ビタミンCをより肌に浸透しやすくしたビタミンC誘導体が使われます。これを肌に塗り、微弱電流を流してイオン化させることで、有効成分を肌の真皮層までしっかり届ける治療です。大人ニキビでイオン導入を行うと、次のような効果を得ることができます。

1:ニキビの炎症を鎮める

大人ニキビの中でも、赤く腫れあがって痛みがあるものは炎症を起こしている状態です。毛穴の中には皮脂が詰まり、アクネ菌が繁殖しています。ビタミンCには抗酸化作用があり、アクネ菌の繁殖を抑え、できてしまったニキビの炎症を鎮めてくれる効果があります。

2:ニキビを予防する

大人ニキビの原因の一つに乾燥があります。乾燥すると肌の潤いが不足し、肌を守ろうと皮脂が過剰分泌されます。皮脂の過剰分泌は毛穴を詰まらせるので大人ニキビに繋がりますが、ビタミンCには皮脂の過剰分泌を抑える効果があります。毛穴の詰まりを防いでくれるのでニキビ予防に繋がります。

3:ニキビ跡を改善する

ビタミンCにはメラニンの生成を抑えたり、肌のターンオーバーを促進する効果があるので大人ニキビが治った後の色素沈着を薄くする効果があります。また、コラーゲンの生成を促す効果もあるので、炎症が毛穴以外にも広がってできた凸凹としたニキビ跡にも効果が期待できます。

 

大人ニキビの治療ではビタミンC誘導体以外にも、併せてビタミンE誘導体といった他の有効成分も一緒に勧められることがあり、実際、私はビタミンCとビタミンEのイオン導入を行っています。

 

ビタミンCは水溶性、ビタミンEは脂溶性という性質があり、水に溶けやすいビタミンCでは補えない部分をビタミンEが補ってくれる関係が成り立っています。

 

市販の美白化粧品の中にはビタミンC誘導体が配合されたものもありますが、使用して肌の乾燥が気になったという方もいるのではないでしょうか?

 

ビタミンC誘導体は単体だと乾燥することがあるため、肌の保湿力を高め、バリア機能を高めるためにビタミンEも併せることが良いと言われています。

 

ビタミンEにもニキビの炎症を鎮め、ニキビ跡を改善する効果があり、ビタミンC誘導体を単体でイオン導入するよりはビタミンEとの相乗効果を狙った方が大人ニキビには効果的です。

クリニックで行われるイオン導入治療の流れ

それぞれのクリニックによって、微妙な違いはあるかもしれませんが一般的にイオン導入は次のような流れで施術が行われます。トータルでは60分程ですが、イオン導入で電流が流されている時間は20分前後です。

1:カウンセリング

大人ニキビにイオン導入が効果のある理由と皮膚科での治療の進め方

 

肌の状態によって使用する有効成分を決定します。大人ニキビの場合はビタミンC誘導体が主に使われますが、その他に追加した方が良い有効成分があれば、この時点でアドバイスをもらうことができます。人によってはビタミンC誘導体のみの方もいれば、プラスでビタミンE誘導体、ピーリングを追加する方もいます。肌悩みに合わせて、有効成分を決定してもらうと良いでしょう。

2:洗顔

 

イオン導入は肌に何もつけていない状態で行う必要があります。メイクや日焼け止めはもちろんのこと、化粧水もイオン導入の際には浸透が悪くなるためつけてはいけません。必ず洗顔できれいに落としてから施術をすることになります。

3:施術開始

イオン導入では有効成分の浸透を良くするために、古い角質を取り除く目的でピーリングを併用することを勧められます。

 

わざわざピーリングを追加しなくても、ピーリング作用のある外用薬を使用している場合は必要ありませんが、そうでなければイオン導入の前にピーリングを行った方がイオン導入の効果も上がります。

 

いよいよイオン導入の開始!

 

腕に電流を通すパッドが巻かれ、顔にはビタミンC誘導体が浸透しやすいように下地となる美容液が塗られます。

 

その後ビタミンC誘導体がしみ込んだマスクをのせ、電極をつなぎ、電流が流されます。電流の強さは個人差があり、目にフラッシュを感じたり、腕にピリピリ感を感じない程度の電流の強さが自分にとって丁度良い電流の強さとなります。

 

ここで強い電流の方が効果を期待できそうと思って無理をして強い電流にすると、気分が悪くなる可能性があるので注意しましょう。

 

マスクの上からはローリングで電流を流し、腕と顔のWの電流により真皮にまでしっかり有効成分が届きます。

4:アフターケア

イオン導入もスキンケアの一つなので、特別なケアは必要ありません。しかし、ビタミンC誘導体は人によっては乾燥を感じることもあり、イオン導入後はしっかりと保湿されます。

 

施術後は肌にダメージを与えないように日焼け止めを塗りましょう。多くのクリニックは保湿まではしてくれますが、日焼け止めは塗ってくれません。メイクルームが完備されたクリニックでは日焼け止めが置いてありますが、そうでなければ日焼け止めを持参して塗ってから帰る方が良いでしょう。

大人ニキビでイオン導入を受ける前に知っておきたい4つのこと

イオン導入では電流を流すものの、自分にあった電流の強さに設定してもらえば痛みなどの不快感もなく、寝ているだけで済みます。

 

施術中はエステを受けているような感覚で、とても気持ちの良い一時を過ごすことができます♪

 

エステ感覚で大人ニキビが改善されるのなら、誰でも治療を始めたくなりますよね!もし皮膚科でのイオン導入を検討しているなら、次の4つのことを知った上で治療を始めることをおすすめします。

1:2週間に1回のペースで通う

イオン導入には大人ニキビを改善する効果はありますが、1回で効果が現れるものではありません。大人ニキビの状態にもよりますが、多くのクリニックでは2週間に1回の頻度で5~6回ほど行うことが勧められます。

 

イオン導入は肌のバリア機能を一時的に低下させ、それによって有効成分を真皮まで届けています。頻繁にやりすぎるとかえって肌にダメージを及ぼすことがありますし、期間があきすぎると効果が薄れてしまい、治療としては十分な結果を得られません。

2:ビタミンC誘導体だけなら5,000円前後が相場価格

イオン導入は保険適応外であるため、回数を重ねるたびに費用もかさむことになります。ビタミンC誘導体だけの場合、相場は1回5,000円前後のところが多いようです。加えて、ピーリングやビタミンE誘導体などの他の成分も追加する場合は、更に費用がかさむことになります。

3:イオン導入は治療の補助的役割

大人ニキビに対するイオン導入は、あくまでも補助的な役割であって根本的な原因を取り除いてくれるわけではありません。大人ニキビの原因は、ストレスや腸内環境の悪化など複雑であり、原因の改善も併せて行う必要があります。イオン導入は時間も費用もかかるものなので、これらを無駄にしないためにもイオン導入だけに頼らないようにしましょう。

4:イオン導入は誰でも受けられるわけではない

イオン導入は安全な治療ですが、誰でも受けられるわけではありません。次のような方は受けられない可能性があるので注意して下さい。

  • 妊娠中の方
  • ペースメーカをしている方
  • 体内に金属類を装着している方
  • 切り傷や日焼けなど肌に炎症がある方

家庭用イオン導入器とクリニックのイオン導入の違い

大人ニキビの治療という概念からいうと、イオン導入はクリニックで受けるものですが、最近では家庭用のイオン導入器があります。かかる費用や通う時間を考えると、家庭用の方がお得なように思いますが、威力や使用する導入剤が違うため、効果が現れにくいことがあります。

1:家庭用イオン導入器は出力が低い

家庭用のイオン導入器は誰もが使用しやすいように安全に作られているので、クリニックで使用する機械に比べると出力が低いことが多いです。出力が低いということは、イオン導入の効果も低くなるので、クリニックでイオン導入を受けるよりは効果を実感するまでに時間がかかります。

2:導入剤を間違えると効果が現れない

家庭用イオン導入器にも専用の導入剤が必要になります。どんな導入剤でも良いわけではなく、分子量の小さい水溶性のものを選ぶ必要があります。ビタミンC誘導体入りの化粧品は多く市販されていますが、中にはイオン導入できないものもあるので選ぶ際には注意が必要になります。また、市販の導入剤はクリニックで使用されるものよりも濃度が低いことが多く、効果を実感しにくいようです。

 

とはいえ・・・・

 

実際、家庭用イオン導入器の使用だけでニキビ肌が綺麗になった知り合いもいます。じっくり時間をかけても良い方は、家庭用イオン導入器で、短期間で結果を出したい時は、皮膚科やクリニックでのイオン導入→その後は家庭用イオン導入で定期的に自分でメンテナスをしていくと良いかと思います♪

 

 

 

蛍光ペン背景

蛍光ペン背景

このページの先頭へ戻る