皮膚科で教わった!大人ニキビの洗顔の仕方とおすすめ洗顔料

皮膚科で教わった!大人ニキビの洗顔の仕方とおすすめ洗顔料

SPONSORED LINK

ニキビ,洗顔料

 

大人ニキビに悩む私が、皮膚科に通って最初に指導を受けたのは「洗顔の仕方」でした。

 

自分では念入りに洗っているつもりでしたが、まだ不十分だったみたいです。

 

大人ニキビの対策として洗顔に力を入れている方もきっと多いですよね。

 

しかし、ニキビが一向に良くならないのはかつての私のように洗顔方法や洗顔後のケアが間違っていることも考えられます。(もちろん、他の原因で改善しないこともあります。)

 

自己流で洗顔をしても一向に改善しない方は、一度洗顔方法を見直してみましょう!

 

おすすめニキビ洗顔料をすぐ見たい方はこちらから>>

 

(written by 管理人ゆき/30代/敏感肌)

皮膚科で教わった、大人ニキビを改善する洗顔の仕方!

洗顔がニキビに重要な理由

そもそも、なぜ洗顔がニキビケアにとって重要かというと...

 

大人ニキビは古い角質が蓄積されて毛穴に皮脂や汚れがつまり、毛穴の中で皮脂が過剰分泌するために起こります。

  1. 毛穴をつまらせないこと
  2. 皮脂の過剰分泌を抑制すること

この2つが出来れば、大人ニキビは改善に近づきます。毛穴と皮脂対策に有効なのが洗顔、というわけです。

 

では、さっそくニキビを改善する洗顔のコツです!

まずは手を清潔に!

洗顔を始める前に、必ず手を清潔にしておきます。汚い手で洗顔すると、汚れを顔に塗っている事になってしまうからです。

洗顔は朝夜2回

洗顔は1日2回、朝と夜に行います。朝は洗顔をしないという人もいますが、ニキビが出来る人は、汚れやニキビの元になる皮脂を落とすためにも洗顔をしましょう。

泡立てをモコモコしっかり!

ニキビ,洗顔方法

 

泡立てて使うタイプの洗顔料はしっかりと泡を立てましょう。洗顔ネットを使用すると簡単に泡立てることができますよ。

 

自分では泡立てているつもりでも、実は泡立ちが足りないこともあります。

 

私が皮膚科で看護師さんに洗顔料を泡立ててもらった時は、手の平に収まりきらないほど泡の山でした。泡立てる際は手の平一杯に泡立てるようにしましょう。

 

使用する洗顔料にもよりますが、弾力があってきめが細かく、逆さにしても落ちない泡が理想です。理想の泡立ちになったら、泡を転がしながら優しく洗います。

すすぎ洗いは32~35度

すすぎ洗いは32~35度のぬるま湯が理想だと言われています。熱めのお湯で洗い流すと必要以上に皮脂や角質を洗い流す可能性があります。生え際までしっかりすすいだら、タオルで押さえるように水分をふき取りましょう。

 

中には洗顔を重視して1日2回の洗顔をしているのに、大人ニキビが改善しないという方もいるかもしれません。そんな時は使用する洗顔料や洗顔の泡立ち、すすぎお湯の温度などを見直してみましょう。

 

大人ニキビの洗顔のコツまとめ

手を清潔に
洗顔は1日2回(朝と夕)
泡立てるタイプは手の平一杯に
泡を転がしながら優しく洗う
すすぎ洗いは32~35度のぬるま湯

大人ニキビを改善する洗顔料の選び方!

 

ニキビのための洗顔の仕方がわかったら、次は洗顔料選びです。

 

洗顔料は必要とは言え、やはり皮脂の落としすぎはよくありません。洗いすぎて肌が乾燥すると、かえって大人ニキビの原因になるからです。

 

だから余分な皮脂を落とせる程度の洗浄力で十分!

 

洗顔料を選ぶ際は、配合成分もチェックして選びましょう。ニキビ洗顔料の成分については、以下を参考にしてみてくださいね。

大人ニキビの改善に有効な洗顔料。ポイントは2つ

大人ニキビの洗顔料で期待したいことは以下の2つです。

 

【基本】古い角質の除去と、余分な皮脂だけを落とす洗浄力

 

【炎症を起こしているニキビが多い人には】アクネ菌の殺菌効果や、炎症を鎮める効果のある成分が配合された洗顔料

 

成分の具体例をあげていきますね!この後に、おすすめのニキビ用洗顔料もご紹介します。

①【ニキビ対策の基本!】古い角質や余分な皮脂だけを除去する代表的な成分
  1. ピーリング成分:グリコール酸、乳酸、りんご酸、クエン酸、サリチル酸など
  2. スクラブ成分:米ぬか、クレイ、植物の種子、海藻、炭など
  3. 天然クレイ成分:モンモリロナイト、カオリン、ベントナイトなど

ピーリングが古い角質の除去に良いというのは有名です。ピーリング成分であるグリコール酸や乳酸、りんご酸やクエン酸は天然由来成分でフルーツ酸とも呼ばれます。化粧品のパッケージには「AHA」と記載されていることもあります。

 

サリチル酸は天然由来成分ではなく、化学物質です。化粧品のパッケージには「BHA」と記載されていることもあり、AHAよりは作用が強くなります。刺激が強いため肌に刺激になると言われていますが、化粧品に配合される濃度は低いのでニキビ用洗顔料にも含まれていることがあります。

 

スクラブは細かい粒子で作られた洗顔料です。とは言え、使用する洗顔料によって粒子の細かさは違います。なるべく粒子が細かい方が毛穴の汚れが落ちやすく、肌表面を傷つけません。

 

クレイは古い角質の除去というよりは、毛穴の皮脂や汚れの吸着効果がメインです。

②【炎症を起こしているニキビに!】殺菌効果や抗炎症作用のある代表的な成分
  1. はちみつ
  2. カミツレ
  3. 甘草(グリチルリチン酸ジカリウム)
  4. ビタミンC誘導体
  5. サリチル酸

 

どんな肌状態でも安心して使えることを考えると、なるべく天然由来成分が配合された洗顔料の方がおすすめです。

 

②の成分でいえば、1のはちみつから4のビタミンC誘導体までが、肌に優しい成分です。

 

一方、5のサリチル酸は、角質の除去や殺菌作用のある化学物質で、やや強めです。しかしこのサリチル酸が全く良くないかと言えばそうでもありません。

 

私は敏感肌ですが、サリチル酸配合の洗顔料を使用しても刺激を感じることはありません。むしろ、角栓がたくさん取れて、毛穴のつまりが除去できている感じが良かったです。

 

サリチル酸自体はやや強めとはいえ、ニキビ化粧品に含まれるものは濃度が低いため、通常は肌への負担を気にする必要はありません。

 

ただし皮膚科で治療中の場合、サリチル酸は、使用している薬剤との併用で肌に負担がかかることも考えられます。

 

サリチル酸を避けた方が良いのは、こういった他の強い薬剤を使用しているケース。皮膚科での治療を受けている方は、医師に相談することが一番です。

 

大人ニキビは乾燥によってできることが多く、古い角質の除去や毛穴ケアに集中した洗顔料で乾燥を悪化させることも考えられます。紹介した洗顔料の成分に加え、保湿成分が配合されたものを選びましょう。

 

使って良かった!大人ニキビにおすすめの洗顔料・洗顔石鹸

では、実際に使って良かった大人ニキビにおすすめの洗顔料をランキング形式で紹介します!

 

大人ニキビで洗顔を見直してみようと思う方は参考にしてみてくださいね。

ノブACアクティブ ウォッシングフォーム

皮膚科の医師もすすめるニキビ洗顔料

  1. 古い角質や余分な皮脂だけを除去する成分:AHA(グリコール酸)・BHA(サリチル酸)
  2. 殺菌効果や抗炎症作用のある成分:グリチルリチン酸2K・BHA(サリチル酸)

 

ノブは常盤薬品工業から出ている、敏感肌やニキビといった、肌トラブルが多い人向けのブランドで、ノブACアクティブは、ニキビ治療に皮膚科のお医者さんがおすすめする事もあるんですよ。

 

ACアクティブウォッシングフォームには2種類のピーリング成分が配合されており、この洗顔料を使っていたらびっくりするくらい古い角質がポロポロとれて皮が剥けてきます。私は、最初使った5日後には皮剥けし、その後2~3日でおさまってきました。

 

剥けた下から新しい綺麗な皮膚が見えて、すごくうれしかったです\(^o^)/

 

こうきくと、ニキビ肌には刺激が強そうですが、AHAは保湿力成分でもあり、ビタミンC・E誘導体やビタミンB2といったその他の成分と一緒に肌の潤いを高めてくれるので、皮剥けで痛みがあったり、その後の化粧水がしみることはなく、毎日でも使用できます

 

顔を洗うたびに、しっとり感は残るのに洗い流した後のお肌がツルっとする感覚は病みつきになります。

 

繰り返しニキビ、ニキビ跡、生理前など決まった時期だけできるニキビなど、

 

普段使いにも良いし、緊急時にも使えるニキビ洗顔料です!

 

ピーリングできるけれど敏感肌もOK!
お肌がツルッとなるニキビ洗顔料です♪

 

ピーリング以外にも有効成分には、肌荒れ・ニキビ予防ができるグリチルリチン酸2Kが配合されています。ピーリング作用と抗炎症作用により、使用当初にできていた小さなニキビは炎症性のニキビへと進行せずに済みました。

 

しつこくニキビが繰り返す、ニキビ跡が気になる、マイルドなピーリング効果を求めている方におすすめです。(口コミレビューはこちら→

 

\ニキビの治りが早いと実感できた洗顔料です/

 

エトヴォス クリアソープバー

ビクともしなかった毛穴詰まりがとれた!

 

エトヴォスのニキビケア「バランシングライン」に含まれる洗顔石鹸は、ニキビ用に殺菌作用や抗炎症作用があるわけではないのですが、弾力のある泡が毛穴の細かい汚れまでとれ、ニキビの原因となる毛穴つまりを無くせます。

 

私は、エトヴォスのバランシングラインを使う前、毛穴のつまりがひどく爪で押し出していたほどでしたが、びくともせずどうしようかと思っていました。

 

しかしエトヴォスのクリアソープバーを使ってみたら、頑固な毛穴汚れがすっきり!

 

 

しかもヒト型セラミドなど通常は美容液やクリームに含まれる贅沢な保湿成分が入っているため、洗った後もつっぱらずとても心地よい石鹸です。

 

ニキビ自体が気になる時も、生理前のニキビが出来そうな肌が敏感な時でも使いやすく、肌への優しさは子供でも使えるほどです。(口コミレビューはこちら→

 

\低刺激なのに毛穴詰まりがとれた/

 

ルナメアAC ファイバーフォーム

ゴシゴシ洗い不要で傷んだ肌にも優しい!

  1. 古い角質や余分な皮脂だけを除去する成分:クレイ
  2. 殺菌効果や抗炎症作用のある成分:サリチル酸イソプロピルメチルフェノール

 

顔にそっとのせるだけで、細かい不要な汚れが根こそぎ落とせる、富士フイルムのニキビ洗顔料です。

 

汚れに吸着して落とせるクレイ成分であるカオリンとファイバースクラブが配合されています。ファイバースクラブは10~50マイクロメートルの非常に細い繊維状のこと。洗顔時に圧がかかることで変形する性質があります。

 

こう聞くと難しいですが(笑)、簡単にいうとゴシゴシ洗いをしなくても、カオリンで余分な皮脂を吸着しながら、ファイバースクラブが汚れをしっかり絡めとるので、

 

摩擦で肌が傷つくような心配がありません。

 

また、肌にのせるだけで洗顔料が洗浄してくれるので、ニキビで傷んだ肌にもとても優しい洗顔料です。

 

痛みがある方、ニキビが顔全体に広がってしまった方におすすめできる、低刺激で優しいニキビ洗顔料ですよ。

 

 

AC ファイバーフォームは粘り気のある洗顔料で、きめの細かいモチモチとした泡が立ちます。肌に乗せた瞬間から密着する感じがあり、汚れを吸着してくれそうな印象です。

 

洗い上がりはさっぱりとしてツルッとした肌になりますが、植物由来の保湿成分が配合されているため、しっとりとした潤いも感じられます。

 

炎症ニキビが多い場合は効果を実感するまで時間がかかるかもしれませんが、その代わりとても優しく洗える洗顔料です。

 

また、毛穴をケアしてニキビ予防したい方におすすめです。また、モチモチとした濃密な泡がお好みの方にもおすすめですよ。(口コミレビューはこちら→

 

ニキビで傷んだ肌を優しく洗える洗顔料です

 

ビーグレン クレイウォッシュ

皮膚科で教わった!大人ニキビの洗顔の仕方とおすすめ洗顔料

  1. 古い角質や余分な皮脂だけを除去する成分:モンモリロナイト
  2. 殺菌効果や抗炎症作用のある成分:グリチルリチン酸ジカリウム・カミツレエキス

 

泡立てて使用するタイプの洗顔料ではなく、マッサージするように滑らせて使います。ゲルのような質感で伸びが良いため、マッサージをしても肌に負担はかかりません。

 

クレイ成分であるモンモリロナイトが配合され、余分な皮脂や汚れだけに反応して吸着してくれます。モンモリロナイトは顕微鏡でしか確認できないほど超微粒子であるため、毛穴の奥まで入り込むことが可能です。

 

他にもニキビの炎症を鎮静化させるグリチルリチン酸ジカリウムやカミツレエキス、保湿力の高いヒアルロン酸やスクワランも配合されています。洗い上がりはとてもしっとりとしていて滑らかです。

 

泡立てるタイプの洗顔料に慣れている方が使用すると物足りなさがあるかもしれません。しかし、あえて泡立てずに使用することで肌に必要な潤いを残しているのだそうです。

 

極力肌への刺激を抑えたい方やしっとりした洗い上がりがお好みの方、エステ感覚で気持ち良くマッサージ洗顔をしたい方におすすめです。

 

雪肌精 化粧水仕たて 石けん

皮膚科で教わった!大人ニキビの洗顔の仕方とおすすめ洗顔料

  1. 古い角質や余分な皮脂だけを除去する成分:りんご酸
  2. 殺菌効果や抗炎症作用のある成分:トコフェール、グリチルリチン酸ジカリウム

 

肌荒れ防止効果のある「ハトムギ」や、ターンオーバーを促進する「りんご」などの和漢植物が配合された石鹸です。また、ニキビの炎症を鎮静化するトコフェールやグリチルリチン酸ジカリウムも配合されており、ニキビ専用の洗顔ではありませんがニキビに効果があります。

 

泡を立てることが苦手な方でも簡単に泡立てられる石鹸です。洗顔ネットを使用しなくても十分に泡が立つほど泡立ちが良く、きめの細かい弾力のある泡が作れます。

 

和漢植物の中には保湿成分に優れた「トウキ」も配合され、洗い上がりはしっとりとした滑らかな肌になります。使い続けることで肌の透明感がアップしてくることが分かります。私はデコルテも一緒に洗っていますよ。

 

泡立てることが苦手な方やしっとりとした滑らかな洗い上がりがお好みの方、美白もしたい方におすすめです。

公式サイト→

 

 

洗顔料不要という意見もあるけれど・・・大人ニキビの改善に洗顔料は必須!

皮膚科で教わった!大人ニキビの洗顔の仕方とおすすめ洗顔料

 

「大人ニキビは洗顔料を使用せずに洗顔した方が良い」ということを聞いたことはありませんか?

 

おそらく洗顔料を使うことで皮脂が洗い流されてしまい、余計に皮脂が過剰分泌するという理由で言われていることだと思います。

 

これは洗浄力の強い洗顔料や、皮脂の分泌を抑制する思春期ニキビ向きの洗顔料では当てはまるかもしれません。

 

しかし、大人ニキビでは古い角質が毛穴をつまらせています。水洗顔だけで角質は除去できないですし、毛穴につまった皮脂や汚れを落とすこともできません。

 

「メイクをしていない日は洗顔料使わなくてもいいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、メイクをしていない日でも、日焼け止めを塗っている方は多いと思います。

 

クレンジングを使用しなくても、日焼け止めは石鹸で落とせるタイプと記載されていることがほとんどですよね。水だけで汚れは落ちないのです。

 

「だったら朝の洗顔は洗顔料を使用しなくても良いだろう」

 

そんな意見もありますよね。寝ている間は一日ダメージを受けた体の細胞が修復されている時間帯です。修復の過程で肌表面では老廃物を排出しようと働いています。

 

朝起きた時、顔のべたつきや小鼻の黒ずみが気になったという経験はありませんか?

 

それは老廃物が排出されている証拠で、肌の表面は意外に汚れているのです。大人ニキビに悩む方は、朝も夜も洗顔料を使用して毛穴と皮脂対策を行う事がベストです。

 

ただ、どんな良い洗顔料を使用しても、洗顔方法が間違っていては肌に負担をかける可能性があります。洗顔料を選んだら正しい洗顔方法を行ってくださいね。

大人ニキビを改善する洗顔後のケア

洗顔だけで大人ニキビは改善するかと言えば、そうではありません。洗顔後の肌が乾燥してしまっては皮脂が過剰分泌し、大人ニキビができてしまいます。洗顔後の保湿も重要です。

 

化粧水を選ぶ際は、ヒアルロン酸やセラミド、天然保湿因子(NMF)など保湿力の高い成分が配合されたのものが良いでしょう。加えて、大人ニキビの改善に良いと言われるビタミンC誘導体やグリチルリチン酸ジカリウム配合の化粧水がおすすめです。

 

ビタミンC誘導体は皮脂の分泌を抑える効果があるためニキビに良いと言われるのですが、乾燥を招くこともあります。グリチルリチン酸ジカリウムはニキビの炎症を鎮める抗炎症作用があり、ニキビ治療でも用いられる成分です。敏感肌の方でも安心して使用することができます。

 

化粧水はコットンを使用せず、手で優しく馴染ませてから押さえるようにつけます。オイリー肌の場合、保湿は化粧水だけでも良いような気がしますが、水分の蒸発を防ぐためにも乳液などを少量使用した方が良いでしょう。

 

化粧水の後に重ねる際は、しっかり化粧水が肌に馴染んでから次のものを塗ります。その時も手で優しく馴染ませてから、押さえるようにつけましょう。余計な摩擦を与えないことが洗顔後のケアのポイントです。

 

大人ニキビの洗顔の仕方とおすすめ洗顔料・洗顔石鹸を見る→

このページの先頭へ戻る