ビタミンC誘導体は大人ニキビに大活躍!絶対使った方が良い理由

ビタミンC誘導体は大人ニキビに大活躍!絶対使った方が良い理由

SPONSORED LINK

ビタミンC誘導体は大人ニキビに大活躍!絶対使った方が良い理由

 

大人ニキビができ始めると、最初に意識するのはスキンケアの見直しではないでしょうか?

 

「皮脂が多いのかな?」
「使っているスキンケア化粧品が肌に合わないのかな?」

 

といった疑問を持ちながら、大人ニキビに効く化粧品を探し始めると、一つのキーワードに辿りつきます。

 

それが「ビタミンC誘導体」という、大人ニキビやニキビ跡の改善に効果があると言われる成分です。

 

ビタミンC誘導体は、老化(シミ、シワ、毛穴)にも良いですが、特にニキビやニキビ跡に良いので使わないと損ですよ!

 

私自身でいえば、自宅でもビタミンC誘導体を使用する事が多いですし、ニキビ治療で定期的に通っている皮膚科でも、ビタミンC誘導体をイオン導入しています♪

 

(written by 管理人ゆき/30代/敏感肌)

ニキビに悩む人は使わないと損!ビタミンC誘導体の大人ニキビへの効果

ビタミンCは美白やアンチエイジング、毛穴の引き締めなど、様々な効果をもたらしてくれる美肌の万能成分!

 

しかし、ビタミンCはそのままでは肌に浸透しにくく、空気に触れると酸化する性質があります。せっかく美肌の万能成分なのに、肌に塗っても十分な効果を発揮しないのは残念ですよね。

 

こうしたビタミンCの欠点をカバーするために誕生したのが「ビタミンC誘導体」です。肌に浸透しやすく、肌内部でビタミンCに変化して効果を発揮します。大人ニキビではビタミンC誘導体によって、次のような効果を得ることができます。

1:ニキビの予防

大人ニキビの原因は様々ですが、過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まってアクネ菌が増殖するためにできます。ビタミンC誘導体は、過剰に分泌する皮脂を抑え、毛穴の詰まりを取り除く効果があるので大人ニキビの予防に繋がります。

2:ニキビの炎症抑制

アクネ菌が産出する「ポルフィリン」が紫外線を吸収し、それによって発生させる活性酸素がニキビの炎症をもたらすと言われています。ビタミンC誘導体には抗酸化作用があり、活性酸素を除去する働きがあるのでニキビの炎症を抑えてくれます。

3:ニキビ跡の改善

ビタミンC誘導体はコラーゲンの生成を促進する効果があり、へこんで瘢痕として残ったニキビ跡も内側からふっくらさせてくれるので目立たなくなります。また、ビタミンCの効果として有名な美白作用によって、炎症後に残った色素沈着のニキビ跡も薄くしてくれます。

ビタミンC誘導体には種類がある!どれを選べばいい?

一言にビタミンC誘導体と言っても大きく分けると3つの種類があります。それぞれの成分名を紹介するので、ビタミンC誘導体化粧品を購入する際はチェックしてみて下さいね。

1:効果の即効性を求めるなら「水溶性ビタミンC誘導体」

化粧水や美容液に配合されることが多く、肌に浸透されるまでの時間が短いので即効性があります。大人ニキビに対する効果の中でも、皮脂の過剰分泌を抑制する効果が高く、しつこく繰り返す大人ニキビに悩まされている方におすすめです。

 

しかし、即効性があり、皮脂の分泌を抑えるということは、逆を言えば乾燥しやすく、刺激を感じることもあるということ。

 

敏感肌や乾燥肌の方が使用する場合は、注意しましょう。実際に私も、肌が乾燥がしているときに水溶性ビタミンC誘導体配合の化粧品を使用して、乾燥がひどくなったことがあります。

 

主な水溶性ビタミンC誘導体の種類

  • L-アスコルビン酸-2グルコシド
  • リン酸アスコルビルナトリウム
  • リン酸アスコルビルマグネシウム

2:敏感肌や乾燥肌なら「油溶性ビタミンC誘導体」

クリームやジェルに配合されることが多く、即効性には欠けますが水溶性ビタミンC誘導体よりも浸透率が良く、持続効果が長いのが特徴です。

 

真皮にまで浸透し、コラーゲンの生成を促したり、メラニンの生成を抑制するため、ニキビ跡に悩まされている方におすすめです。

 

また、刺激がなく、保湿力も高いので、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使うことができます。

 

私も油溶性ビタミンC誘導体の化粧品を使用したことがありますが、水溶性ビタミンC誘導体で感じた乾燥はありませんでした。しかし、肌のハリを実感することはできましたが、大人ニキビに対する効果はイマイチ分からなかったです。

 

もう少し気長に使うと大人ニキビへの効果を実感できたかもしれませんが、大人ニキビがひどかった当時は即効性を求めていました。

 

主な油溶性ビタミンC誘導体の種類
・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
・パルミチン酸アスコルビル

3:敏感肌や乾燥肌でも即効性が欲しいなら「新型ビタミンC誘導体」

使いやすくておすすめのビタミンC誘導体です!

 

化粧水からクリームまで幅広い化粧品に配合され、水溶性ビタミンC誘導体の「即効性」と油溶性ビタミンC誘導体の「浸透力・持続力・保湿力」といった両方の良いところを合わせてできたものです。

 

水溶性ビタミンC誘導体よりも肌に浸透するまでの時間が短く、真皮にまで浸透して効果を発揮します。

 

乾燥を招く心配もないため、敏感肌や乾燥肌の方でも使うことができます。

 

私は新型ビタミンC誘導体の化粧品をいくつか試しましたが、どれも乾燥することなく使うことができました♪
主な新型ビタミンC誘導体の種類
・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)
・イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(APIS)

 

ビタミンC誘導体化粧品を使用する際の注意点

1:ビタミンC誘導体の配合濃度を確認する

ビタミンC誘導体が配合されていても濃度が適正でなければ、効果が得られなかったり、強すぎて刺激になることがあります。それぞれのビタミンC誘導体には、肌が乾燥することもなく、効果が発揮されるにはちょうど良い適正濃度があり、医療機関では次のような次のような配合濃度を目安としています。

  • 水溶性ビタミンC誘導体:5%
  • 油溶性ビタミンC誘導体:5%
  • 新型ビタミンC誘導体:1~2%

2:化粧水を手作りする際は慎重に!

ビタミンC誘導体は粉末で販売されていることもあり、精製水を混ぜて自分で化粧水を作ることもできます。

 

自分の肌に合った濃度に調整でき、市販のものよりコストが安いというメリットはありますが、市販のビタミンC誘導体化粧水ように保存料が入っていないため、使用期限を守って使う必要があります。また、濃度を間違えると思わぬ肌トラブルを引き起こす可能性があるので注意しましょう。

3:ビタミンC誘導体化粧品だけではニキビの完治は難しい

私はビタミンC誘導体化粧水を使ってからは、大人ニキビの出現回数も少なくなりましたし、ニキビ跡も徐々に薄くなっています。

 

でも完全に治ったわけではありません。

 

私も最初はスキンケアで大人ニキビを何とかしようと必死でしたが、限界を感じて皮膚科に通い、現在も薬を使って治療中です。薬を使わなくても大人ニキビのできない肌を目指していますが、大人ニキビは原因を改善しなければ完治することは難しいそうです。

 

ビタミンC誘導体配合の化粧品はあくまでも大人ニキビの改善の補助的な役割であり、お薬を使ったり食生活や運動を取り入れたりと日々の生活を見直す事がとても大切です。

 

特に腸内環境を整える事が大切で、私は乳製品が苦手ですが、ニキビ治療の医師にすすめられて依頼ヨーグルトを毎日食べています。

 

化粧品の中では、ビタミンC誘導体はニキビやニキビ跡に優れていますが、内側からケアも忘れないでくださいね。

市販でおすすめのビタミンC誘導体化粧品

市販されているビタミンC誘導体化粧水もたくさんの種類があるので、どれが良いか迷いますよね。人によって合う、合わないがあると思いますが、市販でおすすめのビタミンC誘導体化粧品を紹介します。

SIBODY/VCローション

 

新型ビタミンC誘導体化粧水(APIS)

 

新型ビタミンC誘導体化粧水の中でも、最新型です。APPSの2倍、通常のビタミンC誘導体の200倍もの浸透力があり、即効性、持続性が際立って優れています。

 

つけた瞬間、肌がじわっと温かくなるので「ビタミンCが効いている!」感があります。

 

敏感肌の私でも使えますが、乾燥肌の人が使うと皮脂分泌を抑制する力が強すぎて、肌がカサカサになるかもしれません。

 

最新型ビタミンC誘導体ながら、濃度が3~4%と高濃度。かなり高いため、皮脂過剰でニキビがひどい状態人向きです。

 

角栓がポロポロとれるため、ニキビ予防には特に良いです。

 

最新型ビタミンC誘導体の他、角質ケアやアクネ菌抑制にイソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム、ターンオーバー促進にプラセンタ、ニキビ修復に高機能ビタミンA・E誘導体、などニキビ予防・今あるニキビを抑える・ニキビ跡など、万全なケアをできる3点セット<化粧水のVCローションの他、美容液の薬用VCエッセンス、クリームのVCビタール>はお得なトライアルがあります。

 

ノブACアクティブ/モイスチュアミルク

 

水溶性ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸-2グルコシド)

 

皮膚科の先生がおすすめすることの多いノブ。ACアクティブシリーズの乳液には有効成分としてビタミンC誘導体が配合されていますが、他にも保湿成分にビタミンC・E誘導体が配合されています。

 

配合濃度は残念ながら企業秘密でしたが、ビタミンCとEの相乗効果は期待できます。というのも、皮膚科でイオン導入をするときは両方をすすめられ、抗炎症・抗酸化作用や美白作用が高まり、ニキビの炎症も早く鎮静化してニキビ跡にも効果あり!

 

ノブACアクティブの乳液には乳酸Naが含まれており、こちらも美白効果があってビタミンC誘導体と一緒に色素沈着を防ぐことができますよ。

 

ノブACアクティブシリーズはライン使いすると、ニキビの治りがより早くなり、イベントがある時などは積極的に使いたいスキンケアコスメです。

 

ビーグレン/Cセラム

ピュアビタミンC使用

ビタミンC誘導体は大人ニキビに大活躍!絶対使った方が良い理由

 

Cセラムは化粧品に配合する事が難しいビタミンCをピュアな状態で入れた美容液。高濃度7.5%のビタミンCなので、ビタミンC誘導体よりも効果が高いです。

 

効果が高い分、顔全体に塗ると乾燥してしまう事が多いので、ニキビが出来た部分やニキビ跡とその周辺に使うのがおすすめ。ニキビは夜塗ったら次の朝小さくなった事があります。

デルマトプラスティ/ACローション

新型ビタミンC誘導体化粧水(APPS)
新型ビタミンC誘導体に抗酸化作用の強い「ビタミンE」、ピーリング作用のある「グリコール酸」が配合されています。使用してからは肌のトーンがアップして、徐々にニキビ跡の赤みが薄くなり、大人ニキビの出現頻度も少なくなっています。とろみがある化粧水で保湿力があり、乾燥する季節でなければ乳液などによる保湿も必要ありません。

トゥヴェール/薬用ホワイトニングローションα

水溶性ビタミンC誘導体が6%配合された薬用化粧水で、大人ニキビやシミに特化して作られています。「薬用」と化粧品につけられるのは、効果が得られたものだけのようで、名前からも効果の高さが伺えます。保湿成分が含まれているため、水溶性ビタミンC誘導体ですが乾燥が気になる方も安心して使えそうです。実際に使用している方の口コミには、「乾燥もなく肌のトーンがアップした」、「大人ニキビが減った」というものが多く見られます。

濃厚本舗/ビタミンC誘導体10%ローション

水溶性ビタミンC誘導体が10%の高濃度な化粧水です。10%は医療機関の適正濃度に比べるとかなり高い濃度ですが、濃厚本舗さんでは高濃度でありつつ、低刺激で使用できる限界の数値が10%のようです。しかし、普通肌の方が使用してもツッパリ感や乾燥を感じるようなので、敏感肌や乾燥肌の方には刺激が強いと思います。普通肌の方は保湿剤をプラスして使っている方が多いようで、「ニキビができにくくなった」、「肌のザラつきがなくなった」、「肌のトーンがアップした」という口コミが多く見られます。

このページの先頭へ戻る